理論通りに指導しても効果が出なかったトレーナー、インストラクターのための

腱エクササイズ

出力コーチ養成講座


筋肉視点の指導から出力視点の指導で圧倒的な早さで効果を上げる指導者養成講座

トレーナー、インストラクターのあなたは

こんな悩みはありませんか?

  • 「出力」や「腱」というものを理解できていない
  • 「自律神経が整いますよ」と、自信を持って言えない
  • 理論通りに指導しても、効果が出せない
  • 正しい脱力やリラックスを指導できるようになりたい
  • 体に詳しくなっても、腰痛、膝痛、首こり改善できない
  • 実用的な解剖学を学びたいけど、どこで習えば良いかわからない
  • ヨガで凹凸のないカリカリな体型にしてしまうことがある
  • ヨガや筋トレの美しいフォームへの修正がうまくいかない
  • 体のデザインを論理的に学びたい
  • 「感動する歌」を発声ではなく全身のポテンシャルで引き出せるようになりたい
  • 体が硬い人を柔らかくすることが、運任せになっている
  • 単価を上げたいけど、今の技術では自信がない
  • リピート率が上がってこない
  • 安い価格ではなく高い価値にお客様に集まってもらいたい

ひとつでも当てはまる方は、
腱エクササイズ出力コーチ
ングが解決します!

                 

認定者の80%以上が

「指導の労力が半分で、効果も来店サイクルも3倍になった」と実感した

腱エクササイズ®️出力コーチ養成講座です

  • パーソナルトレーナー
  • ボイストレーナー
  • ヨガインストラクター
  • ピラティスインストラクター
  • ダンスインストラクター
  • 競技コーチ
  • セラピスト
  • 学校の先生 ほか

腱エクササイズ出力コーチ

養成講座カリキュラム



1.腱エクササイズと出力 90分


  1. 腱エクササイズ®︎とは?
  2. 出力が高いと何が起こるのか?
  3. 腱の原則① ハジメの原則
  4. 腱の原則② オワリの原則
  5. 出力チェック法
  6. 出力の基本姿勢『5本力姿勢』
  7. 「筋肉意識」が不調を作るメカニズム
  8. 「筋肉視点」と「腱視点」の違い
  9. 演じるスキルと気やオーラ

2.腱エクササイズの基本 90分


  1. 腱の基本エクササイズ解説
  2. 腱の基本エクササイズ実践–スクワット、ランジ、ベントオーバー、ショルダープレスほか
  3. 腱の基本ストレッチ解説
  4. 腱の基本ストレッチ実践
  5. フォーム修正の仕方
  6. 体型デザインの仕方

3.腱の機能解剖学 90分


  1. 見るだけで出力が上がる解剖書の読み方
  2. 出力の5本の出口とは
  3. 「体軸」の腱の仕組み➖恥骨・骨盤・脊柱・体幹・胸部・頸部・頭頂部まで
  4. 「肩腕」の腱の仕組み➖脊柱24・後頭骨・骨盤上部・肩甲骨・胸郭・上腕骨・手の指先まで
  5. 「脚腰」の腱の仕組み➖骨盤・股関節・脊柱・脇の下・後頭骨・大腿骨・脛骨・足の先ませ
  6. 体を2次元の連動で理解する

4.出力の体の使い方20選 90分


  1. 関節の動き別出力
  2. 体を3次元の連動で理解する出力動作20選
  3. 姿勢の基本➖骨盤と肋骨と頭蓋骨の歯車
  4. もう一つの体幹➖後頭部壁押し
  5. 身体の出力ブレーキを解除する➖骨盤3枚ズラし
  6. 腰痛をなくす➖広背筋と腸腰筋
  7. 身体の中を操作する➖腸骨筋と肩甲下筋と腰椎内臓部
  8. 身体の中に水平を養う-肩インナーマッスルと深層外旋六筋
  9. 足のむくみをなくす➖脛骨と踵・土踏まずと太もも15度
  10. 膝痛をなくす➖脛骨と臀部連動
  11. デコルテを美しくする➖大胸筋3分割と小胸筋・菱形筋
  12. 発声を整える➖舌骨筋4弦と身体の外の空間認識
  13. 体軸を獲得する➖錐体筋と舌骨筋バランス
  14. リズム感を取り戻す➖肘まで膝までと体の角捌き
  15. 頭蓋骨の使い方➖2本ツノと球体バランス
  16. ヒップを上げる➖骨盤前傾と股関節伸展
  17. 体に芯を通す➖踵、尻、肩甲骨上部寄せ、後頭部
  18. 体幹の鍛え方➖筋肉じゃないところの使い方
  19. 股関節の側面スイッチ➖股関節くの字
  20. もう一つの股関節➖体側と脇剥がし
  21. 腰より要の部位➖もも前付け根の腱
  22. 瞬間姿勢改善法➖全身を膨らませて立つ
  23. 骨の形状を利用する

5.自律神経系と腱エクササイズ 90分


  1. 自律神経は絶好調を作る神経であると深く理解する
  2. 「出力不足」で自律神経がおかしくなるメカニズム
  3. 「出力」で自律神経が整うメカニズム
  4. 腱を動かしてから考える栄養戦略
  5. 自律神経と潜在意識
  6. 体以外の力の使い方
  7. 出力でメンタルを整える

6.腱出力コーチング実技 対面180分


  1. 出力チェック実技
  2. 人の出力の見抜き方
  3. 出力増幅のアクセルポイントの理解
  4. ストレッチの引き出し方
  5. 綺麗なフォームの導き方
  6. 出力のカウンセリング法
  7. ケーススタディ


少人数制オンライン5講座と対面1講座の合計6講座10.5時間


◉お申込み後6講座を順番にご受講いただきます。

 

◉オンライン5講座は1〜5名の少人数制。

ご希望時間帯と講座進捗状況により、1名からでも講座開催となります。

だから早くスキルを身につけることができます。

どんどん進めましょう!

 

理解を熟成させるため、各講座は1週間以上経過後、次の講座をご受講いただけます。

 

◉最終回の対面講座で総仕上げ。

同時期にオンライン講座を履修した受講者と一緒に総仕上げします。

 


指導現場での活用アドバイス、集客相談


登録日から6講座修了後2ヶ月までの間、

現場指導への活用、集客の戦略、

講座内容の不明な点の解説アドバイス対応

受講されたみなさんの声

複雑なスキー技術も、腱の使い方でシンプル化できています!

長野県白馬でTEAM THROBというノルディックスキーの指導チームを運営しています。大学2部のスキー選手だった頃に、横手さんのパーソナルで腱エクササイズを知りました。

その後日本選手権5位入賞するまでになりました。

指導者として活動するために腱エクササイズ®︎養成講座を修了し、のちにノルディックスキー全日本チームのコーチとして活動する機会にも恵まれました。

現在はオリンピック選手、学生、愛好家、キッズまで100名以上の会員や数十の団体が参加してパーソナルからグループレッスンまで、腱のメソッドを活用して指導。

スキーの複雑な技術もシンプル化できることが選手のレベルアップに役立っています。

解剖学の視点を変え、幅広い目的にシンプルに対応できる

東京都近郊でパーソナルトレーナーとして活動
パーソナルトレーナーとして活動するために腱エクササイズ®︎養成講座を修了し、活動を始めました。
デビューのためにアドバイスをいただきながら準備を進めて、初月に70件のご予約を受けることができました。その後もおかげさまで生徒さんにも恵まれて、月100件をベースにコンスタントに指導活動をすることができています。
腱エクササイズのいいところは解剖学を理解し「出力のスキル」を各分野に応用できることだと思っています。高重量を扱うトレーニーから高齢者の健康増進、関節系の改善、女性のボディデザインまで、基本を変えずにシンプルに対応できます。

生徒さんの姿を見たときの情報量が多くなった!

主にバレエとダンスのコーチとして腱エクササイズ®︎を活用しています。
腱の繋がりを解剖学で学んだことで、生徒さんの姿を見た時に得られる情報量が格段に多くなり、グループ指導の対応が楽になりました。
今まではバレエやダンスの問題ばかりを探していましたが、「バレエやダンスの技術」と「体の使い方の技術」を別物として頭の中が整理されて、生徒さんへの対応に柔軟性が生まれました。
これまで怪我として扱っていたものが、良い動きを追求していくうちに不調の改善も進んでいるのはレッスン時間の節約になってすごくプラスです。
また、私自身が腱エクササイズの姿勢を身につけることができてきて、日常の中でイライラすることもなくなり、疲れず、翌日もいい状態で指導に臨めるのもうれしいです。

「今ある身体の出力を上げる」ので、発育発達にフィット

キッズ体操教室コーチとして活動。
元々パーソナルトレーナーとして20〜80代、マンツーマンからペア、親子トレーニングまで担当していました。
そんな中、腱エクササイズの出力を引き出す体の使い方をキッズ体操にプログラム化できないか?というお声をいただきキッズ体操講師として活動をスタート。

子どもの発育発達に、今ある体の出力を上げるプログラムはフィットしやすく、子供達にも親御さんにもご好評をいただきました。
半年後にはパーソナルの活動とは別に、キッズ体操教室を月間20枠ほど持つことができました。
それをきっかけにキッズ体操を含めた子ども向け施設の立ち上げに携わり、現在はキッズ体操教室のコーチをメインとして活動しています。

「エビデンス」に縛られず、

今、目の前の生徒さんの「出力」を引き出してシンプル化。

是非、あなたも腱エクササイズ®︎出力コーチ養成講座で

「出力」を変幻自在に操れるコーチを目指しませんか?

講師紹介

横手さだひさ

NSCA認定パーソナルトレーナー

腱エクササイズ®︎出力マスターコーチ

 

 

 

◾️中学生の頃に兄弟2人で小遣いを出し合い自宅にベンチプレスセットを揃えそれなりにトレーニングを始める
◾️見よう見まねの誤ったトレーニングで、10代の頃に野球で肩を壊し、20代初期に自律神経失調症と診断され、それらからの復帰の過程で「筋肉」よりも「腱」の大切さに気づく
◾️自律神経失調症が解決したことから「体」と「メンタル」の関わりを研究する
◾️合氣道に近いヒントがあると感じ、その日たまたまポストに入っていた徒歩3分の道場に3日後に入門し約5年間「氣」を学ぶ
◾️師匠の美しい演舞動作と「氣」の謎を稽古のたびに解剖学書と照らし合わせながら研究する
◾️「氣」「出力」をに具現化できるものの一つが「腱」であると確信する
◾️以来、腱エクササイズ®️としてトレーニング指導を体系化。2014年に商標登録
◾️徹底的に無駄な力を抜くこと、歪みを深めることで歪みをなくすこと、筋肉から意識を外すこと、体以外の力も味方にすること、心を弾ませることで体を「弦化」させること、など「筋トレ」の考えとは真逆の「出力」視点で指導にあたる

◾️体型デザイン、向上、改善の同時解決をモットーにしている
◾️2004年から15年連続で、大手スポーツクラブ某店舗指導件数No.1を達成
◾️現在は目黒区のスタジオを拠点に、パーソナル、企業・団体向けレッスン・講座、腱エクササイズ出力コーチ養成事業などを行なっている

◾️松田龍平さんコンディショニング担当(2008〜)

◾️世田谷区民講座「自律神経が整う体の使い方」講師(2021〜)

腱の原理原則と機能解剖学で

裏付けのある「出力」を

セミナー詳細

セミナー内容

腱エクササイズ®︎出力コーチ養成講座

開催日

随時 

オンライン5講座/各90分 

対面1講座/180分

開始時間

ご希望日時で都度調整

会場住所

オンラインはZOOM/対面は目黒区近郊施設

参加費用

330,000円

銀行振込、またはPayPalクレジットカード決済にて

注意事項

オンラインのアーカイブ配信は翌日以降にデータお渡し

6講座終了後1ヶ月後まで、専用LINEにて質疑応答対応

お申し込み後のキャンセルは承れませんので、ご注意ください。

 

テキストは「筋肉の名前としくみ事典」成美堂出版を使用します。予め各自でご用意ください。

よくあるご質問
Q&A

Q

パーソナルトレーナーをやっています。一般的な筋力トレーニングとは異なるのでしょうか?

A

実技では、スクワットやランジ、ダンベルエクササイズなど、一見普通の筋力トレーニングとあまり変わらないものを扱います。

エクササイズ中の意識の置き所、力の入れどころ、関節のズラし方を変えて、腱への刺激と出力のシステムをフル稼働させていきます。

ですので、パーソナルトレーナーさんは既存の指導に自然な形で腱エクササイズのスキルを取り入れることができます。


Q

ボイストレーナーで日頃運動をしないのですが、受講しても大丈夫ですか?

A

はい、これまでに受講されたボイストレーナーさんも運動とはあまり縁のなかった方もいます。

エクササイズなども実践しますが、それは「出力」を理解するのが筋トレのようなエクササイズが理解しやすいからという考えです。

出力を理解できたところで、ボイストレーニングの現場指導に繋がるようなワークや生徒さんへの言葉がけや立ち位置など、応用の仕方も講座の中で実践していきます。

立って歌うのと、座って歌うのとで声が変わってしまうケースや、ヒールを履くとずれる、動きながら歌うと発声が狂うなどの問題は、すべて「出力」で解決することができます。

講座を終わる頃には、体を動かすことや解剖学が得意分野になると思いますよ!


Q

受講後は腱エクササイズや出力コーチという名称は使えますか?

A

はい、お使いください。

ただし、その名称を表に出して指導に活かす方もいれば、表に出さずに指導の内容に馴染ませて差別化を図って成功されている方もいます。

最適な方法を選んで活用ください。

講座終了後には修了証をお渡しします。


Q

講座で学んだあと、指導に活かしたり集客に活かす際に相談することはできますか?。

A

はい、講座終了後もお仕事に活かせることが目的ですので、実際にスキルを使ってみてのお悩みや、指導内容のレベルアップのさせ方、集客に関するお悩みまで、ご相談ください。

指導への出力まで整えていきましょう!


Q

ヨガの指導ではポーズが決まっていますが、腱のスキルを活かせますか?

A

はい、もちろん活かすことができます。

例えば、ヨガのポーズで腰痛になってしまう、インストラクターさん自体も腰痛があるなどのケースもこれまであります。

本当に腰に負担がない動きはどうなのか?

「ヨガは自律神経を整える」というけど、その変化を図る物差しがない

というお悩みにも、解剖学、自律神経系の考察の回、エクササイズ実技でヨガへのアレンジできる材料をしっかりと学んでいただきます。